表面に生えている毛の割合と脱毛回数

9月 14th, 2014

人間の身体には、全身で500万本もの毛が生えています。そのうち、肌の表面から生えている毛は、130万本で、残りの毛は抜けたり、休んでいる状態です。ただし、この表面に生えていく毛の割合は、部位によっても異なります。ワキやVラインでしたら全体の30%、腕や脚は20%ほどになります。

脱毛する時は、表面に生えている毛の中でも、成長期の毛しか脱毛することができません。ですから、成長期ごとに脱毛の施術を受けていく必要があります。脱毛の回数は、個人差がありますが、3~4回施術を受け終わる頃には、自己処理がいらないレベルになり、5~6回施術を受ければつるつるになります。

表面に生えている割合が高いほど効率よく脱毛することができるので、腕や脚より、ワキやVラインの方が回数も少なくて済みます。

しかし、ワキやVラインのムダ毛は、他の部位より1本1本が濃く太いので、1本あるだけで目立ってしまうという特徴があります。完璧にムダ毛をなくしたいのなら、回数は増えてしまうことがあります。

また、女性の場合は、妊娠や出産などのホルモンバランスが変わることで、脱毛が完了した部位からまた毛が生えてくることがあるので、注意が必要です。

Leave a Reply